0%

PS Vitaダウンロード専用ソフト

2018年配信予定

2017/12/25  メディア情報とキャラクターを追加しました。

メディア情報

個性的なキャラたちと、果てることのない宴を! プチデポット新作『グノーシア』プレイリポート【A 5th of BitSummit】

【電撃PS】『グノーシア(仮)』インプレッション! プチデポット最新作はどこがおもしろいのか?

『メゾン・ド・魔王』のプチデポットが手掛ける“何度も遊べる新作”とは?【A 5th Of Bitsummit特別企画01】

須田剛一氏“キテル51インディーズAWARD”ノミネート作品を発表。【A 5th Of BitSummit】

カフカにムジュラに人狼――BitSummitで見かけた独特なアドベンチャー3作をプレビュー

「遊びたいゲームを作るだけ」「1ヶ月音信不通」「仕事の意識はまったくない」……「メゾン・ド・魔王」のプチデポットが語る“チームでのインディーゲーム開発術”、新作「グノーシア(仮)」への意気込みも

嘘つきを暴け。意思を持つキャラ達と騙しあう、完全一人用「人狼」アドベンチャー『グノーシア』とは

『メゾン・ド・魔王』のプチデポットがおくる新作『グノーシア(仮)』発表!人狼ゲームをベースにRPG・ADV要素を追加

京都・みやこめっせで「A 5th of BitSummit」が開幕。会場レポートと注目タイトルを紹介

歩きながら話そう。起きられる?

グノーシアは嘘をつく。人間のふりをして近づき、だまし、そして身近な人間を一人ずつ、この宇宙から葬り去る――

漂流する宇宙船内にて、人間を襲う未知の敵「グノーシア」に直面した乗員達は、誰が敵なのか分からない状況でこの危機を収束させるために、一つの解決策を試みる。 最も疑わしい人物から一人ずつコールドスリープさせ、船内に紛れ込んだ全てのグノーシアを活動停止させるのだ。

しかし、その人物が本当にグノーシアだったのか、あるいはスケープゴートにされた哀れな人間だったのか、知ることは難しい。最後に笑うのは人間なのか、それとも――

『グノーシア』はSF世界を舞台にした人狼ゲームです。1プレイは15分程度で、周回するたびに、主人公及び各キャラクターの配役や展開が変化します。

誰がグノーシアなのかを話し合う会議パートでは、主人公を含めた各キャラクターがそれぞれ名指しで疑いをぶつけたり、かばって疑いを晴らしたりした後、それぞれの判断で最も疑わしい人物に投票します。そして最も得票数の高い人物がコールドスリープされることになります。

その後の移動パートでは、船内を移動し、各キャラクターと会話をすることができます。相手の好感度を上げて自分を信用してもらうも良し、怪しい相手に出向いて探りを入れるも良し、ゲームを有利に進めるために活用してください。

――それでは、良い旅を!

※画面は開発中のものです。

▲TOP

  • 汎宇宙軍所属の軍人として、船内に侵入したグノーシアの排除を先頭に立って指揮する。
    状況が分からずとまどう主人公を優しく導いてくれる。

  • おどけた態度で場をにぎわそうとする、どこかつかめない性格の持ち主。
    彼女の言動の何が嘘で何が本当なのか、判別するのはきわめて困難だろう。

  • 多少険のある物言いと、華美な装束が特徴的な汎性。
    論理的思考能力が極めて高く、情報がそろった瞬間にグノーシアを摘発する。

  • 愛想のない言動で冷たく受け取られがちだが、心根は優しい女性。
    自分は何をすべきなのか、何のために存在しているのかを、常に自分に問いかけている。

  • 柔らかで丁寧な態度で皆と接する優しいお姉さん。
    宇宙船内の管理を任されているらしく、皆が快適に過ごせるよう気を配っている。

  • 旧時代の服を好んで着る、正体不明の中年男性。
    格言じみた言い回しをよく使い、意味不明の言動で皆に一目置かれている。

  • 自然回帰を提唱する惑星出身のため少々ワイルドな感覚を持つ女の子。
    まっすぐ元気な性格で、野性のカンにより相手の発言の中から嘘を見抜くのが得意。

  • 猫を愛し、とにかく猫のことを考えている青年。
    猫のことを除けば、誰よりもまともで公正な判断力を持っている好青年である。

▲TOP